2012年01月19日

山村誠一×カポウ きこりの森でさえずる夜



panhand.jpg

山村誠一(スティールパン)×
カポウ(うた、のこぎり)

きこりのでさえずる



関西を中心に全国で活動するスティールパン奏者、山村誠一さんとの企画です。二階堂和美さんツアーでの熱い演奏が記憶にあたらしい山村さんの、情緒溢れる美しく熱いスティールパンの音色を、たっぷり堪能いただける二夜。
カポウと誠一さん。札幌や関西でライブを重ねること、早何年?!
おそらく7〜8年になるでしょうか。
歌心をまんなかに、手と手をむすび紡ぎます。


きこりの森でさえずる夜・第一夜
2012年2月6日(月)
小樽・キッチンぐるぐる
小樽市入船 1-6-16
Tel-0134-24-2300
19:00 open / 19:30 start
2500円(1ドリンク付)
出演:山村誠一(スティールパン)、カポウ(うた、のこぎり、ウクレレ他)
古舘賢治(うた、ギター)、鈴木裕(バイオリン)、出田寿一(パーカッション)



きこりの森でさえずる夜・第二夜
2012年2月7日(火)
レストランのや
札幌市中央区北二条東11-23-14
011-210-5105
19:00 open / 19:30 start
2000円(別途要オーダー)
出演:山村誠一(スティールパン)、キッコリーズ(カポウ、池田靖司、鈴木裕)、
岡崎里美(パーカッション)、かせのまさよ(ピアニカ、トイピアノ)




ご予約、お問い合わせはメールにてカポウまで
また各お店でもお電話にて予約を承っております。



seitisan.jpg

山村誠一プロフィール
80年代から打楽器奏者としてキャリアをスタートさせ、ラテン、ジャズ、ワールド
とBEATを渡り歩き、90年代に入りスティール・パンを手にし現在のスタイルとなる。

情景を奏でる独奏からスティール・パンオーケストラなど複数の楽団を主宰。
ソロアルバム3枚、押尾コータロー(gt)とは2枚含む 10枚のアルバムをリリース。
また演劇の音楽制作や 番組のテーマ曲、有線放送のパンチャンネル等多数エントリー。
クラブイベントや野外フェスな楽団から、子供たちへの学校公演向けの舞台など
自己のバンドをプロデュース。多種多様なステージパフォーマンスは多岐に渡り
他ジャンルのアーティストとの共演やサポートなど幅広く活躍中。

山村誠一オフィシャルサイト http://saezuri.net/




seitikapo2010.jpg
posted by カポウ at 12:03| おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

SiMoNさんレコーディング

去年知り合ったミュージシャン、SiMoNさんのレコーディングに参加してきました。初めて聴いた時から、その音楽の世界観にとても魅かれていたので、とてもうれしいお誘いでした。
バイオリンの裕ちゃんも参加。市内某所にあるChameleon Lebelのスタジオにて、それぞれ3曲ほど弾かせていただきました。とてもスムースで快いレコーディングでした。田中さん、ありがとうございます!

120105_1508~0001.jpg
のこぎりを弾くようになってから、もうすぐ10年。少しずつ、のこぎり演奏の依頼もいただけるようになり、ここからがやっとスタートのような気持ちでいます。
今回はかなり自由に楽しく弾かせていただきました。仕上がりがとっても楽しみ!

120105_1921~0001.jpg
打ち上げは「魚平」で〜。

120105_1906~0001.jpg
ものすごく真剣に「一回だけ盛り放題」なお通しを盛り付ける裕ちゃん。
この後バイーアへ行き、バイオリン忘れて帰ってくるの巻(笑)。

posted by カポウ at 15:58| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年の初めの…♪

2012年最初の演奏は、サッポロファクトリーのアトリウムで、なかにしりく君とのデュオでした。お屠蘇という名のビールを呑みつつ、ほんわりと楽しくやりました。
アトリウムのナチュラルリバーブが最高に心地よく、ず〜〜〜〜っとのこぎり弾いていたい!と思いました。音が、天井も突き抜けて高いところへのぼってゆく感じが、たまりません。

116410972_org.jpg
ちこさん、撮影ありがとうございます!



そこから移動し、ムジカホールカフェへ。
恒例の新年会ライブです。日本酒持ち込み呑み放題です。
シェフ特製お雑煮付です。おいしかった!
みかんビュッフェもついてるし、書初めに、御神籤だってあります。
ザ・お正月!
例年、拳法(古舘賢治vsカポウ)で演奏させていただいてますが、今年は、加えてたくさんの素敵なゲストをお招きしての新年会にふさわしい華やかなライブになりました。
岡崎里美ちゃん、外園一馬くん、なかにしりくくん、そしていそべっく、ありがとう!
それぞれのソロやコラボ、札幌ギタリスト100選コーナーもありで盛りだくさん、充実の内容になりました。
札幌には素晴らしいミュージシャンがいるなぁと、改めて感じた夜でした。

今年もムジカから、たくさんの素敵な音が発信されてゆきますように♪

みなさま、2012年もどうぞよろしくお願いいたします。

posted by カポウ at 15:49| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年ラストライブ フライアーパーク大忘年会

2011年12月29日が、2011年の最後のライブでした。
ざざっと数えてみましたら、2011年は約100本ほどのライブ本数でした。いろいろな場所で、いろいろな人たちと演奏したり、歌わせていただけていることに、あらためて感謝です。
東京へ行ったり、関西へ行ったりもできました。その土地その土地の素晴らしいミュージシャンたちとの演奏は、わたしをとても元気にしてくれ、また札幌でがんばろうというきもちにさせてくれます。
また、地元札幌でも、新しいつながりが増えて、今まであまりライブではやっていなかったジャンルにもチャレンジ出来た年でした。

大きな大きな悲しみが日本を襲った2011年。
あの地震の日も、キッコリーズのライブが札幌で入っていて、不安な気持ちのまま会場に着くと、オーナーさんが「地震があって怖いので外出を控えますというお客様からキャンセルが入ってます」との連絡が。まばらな会場の中、それでもいつもと同じように演奏に集中していると、おなかの下の方(丹田ですね)に力が集まってくるのを感じました。
その後もテレビやネットから入ってくる色々な種類の悲しみや、怒りで、自分のことではないけれど涙がとまらなかったり、無力感がやってきたりしても、日々の音楽に、気持ちをシャキっとさせ、また、傷を癒してもらえていたことが、わたしにとって、大きな支えになっていたのだと思います。

具体的にどんな役に立っているのかもわからないし、そもそも、意義があるのかどうかもわからないけれど、それでも、どうしても歌わなくちゃいけないようなきもちにさせられる、
そんな感じで、今日も歌っています。
歌ってないときっとヘンになる。そんな生き物になりました。
何度も、音楽に救われている、って思った年でした。
ありがとう、音楽。

2011年ラストライブは、愛するフライアーパークで。キッコリーズ、ドライヴ、モジョハウス、カズヤ、というおなじみの気心知れた4組で。気合と緩さの絶妙なバランスは、長年のバンド同志、そしてお店との培ってきた信頼関係があってこそ。いい夜でした。

ドライヴの「大切なひと」を聴いたときが、今年のラスト涙☆
じんわりと、目から水があふれました。

深夜、打ち上げでピアノ叩きながら歌ったハレルヤが、今年のラストソング。歌いまくった今年にふさわしい一曲だったかなと。


2011年も、たくさんの方々にお世話になり、ライブに足を運んでいただき、耳を傾けていただきました。ひとりじゃ出来ないことばかり。ありがとうございます。
2012年も、感謝の気持ちを忘れず、歌ってゆきたいです。
聴いてくれた人たちがハッピーになれるような、そんな音楽の時間を生み出してゆきたいです。

2012年、確かなゆるぎないしあわせが、世界を覆いますように。




posted by カポウ at 15:17| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トロンボーンにとろける夜「年忘れだョ!もういくつ寝night!」

12月28日、ジャムジカで恒例の年末ライブをやらせていただきました。
今年は、ジャムジカ店主次郎さんからのご提案で、Swingin' 5 Menとの2マン。酒本さん、よんぴるさんという二大トロンボーン奏者がいらっしゃるスウィングジャズを奏でるみなさんです。これは楽しい夜になるに違いない!と案をいただいた時からうれしい予感。

111228_2014~0002.jpg

心も身体も踊る、明るくて楽しくてかっこいい音楽が次々と繰り広げられるSwingin' 5 Menのステージに、キッコリーズ楽団のメンバーも思わずお酒がすすみます。呑まさるー!(北海道弁)

キッコリーズ楽団、今回のメンバーは、キコリ3人に、ベースおしょう君、ドラムスいでちゃん、ピアノ福ちゃん、ギター賢治さん、のいつもの頼もしい面々に加え、ゲストで鍵盤担当かせのまさよちゃん、パーカッション担当岡崎里美ちゃん、のフェアリーな二人もお迎えしてのなんと最大総勢9人編成。
Swingin' 5 Menを意識してか、いつもよりもリズミカルな選曲で。そしてSwingin' 5 Menさんたちのかっこいい演奏を浴びた後だったため、いつもよりテンション高めスタートなのがよかった。気持ちよかったです!それぞれの演奏にキレがあってびしっとキメてくれるし、大きなグルーヴ感があって、さすがー!と思いました。そして、まさよちゃん、里ちゃんが入ってくれると、イノセントな空気が広がるのですが、その時のお客さまたちの笑顔率がとっても高いことに気づきました。ハッピー♪

トロンボーン酒本くんが教えてくれた"Chamber Soul"の曲を賢治と3人でやってみたり、
最後は、2バンド合体して「私の青空」「Good Night, Irene」などを演奏しました。

トロンボーンは大好きな楽器で、いつかご一緒出来たら…と思っていたのですが、2管にはさまれて歌えるなんて。まことに、至福の一夜でした。わたし顔がトロけてたに違いありません。
誰か合奏の時の写真撮ってないかなぁ。

ジャムジカ次郎さん、Swingin' 5 Menのみなさま、お客様、
そして愛するキッコリーズ楽団のメンバーのみなさん、
ありがとうございました!!

483276087.jpg

2011122822130000.jpg
↑よんぴるさん撮影。近!笑。


posted by カポウ at 14:41| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こぐま座のクリスマス

CA3A3113.jpg

2011年12月クリスマスイブは、長沼にあるカフェ「こぐま座」でライブでした。
雪の中にたっている赤い屋根のお家。中は店主のミスバレンタインさんのワールドが満開の花のように広がる素敵な空間。お店のどこを見てもかわいいのです〜。

111224_1543~0003.jpg


バレンタインさんの人柄が伝染するように、ほんわかとあたたかい空気のお客様に囲まれてのクリスマスライブでした。
きよしこのよる、まきびとひつじを、ホワイトクリスマス、、、おなじみのクリスマスソングもたくさん歌い、なんだか清らかなきもちにもなりましたよー。おおー。
バレンタインさんの息子さんの陽太くんも、クラシックギターのソロ演奏を披露してくれました。これがまた心洗われる美しい演奏なのです。
長沼のおいしい野菜やお米のように瑞々しくてフレッシュなのでした。
111224_1847~0001.jpg


打ち上げのアキオさん特製おでんがとっても美味しかった…!
バレンタインさんが、「カポウさん、ビールまだありますか〜?」と、わたしのビールの残量を大変気にかけてくださり、おかげさまでたくさんいただいてしまいました。


111224_1929~0001.jpg


CA3A3112.jpg
美しい長沼の空

バレンタインさん、アキオさん、陽太くん、
お越しくださったみなさま、ありがとうございました!

posted by カポウ at 14:08| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。